気になるエラの解消方法

顔のエラの張りは気になりながらも生まれつきの輪郭によるものだと諦めてしまいがちです。美容整形をしなければ解消されないと思っている人も多いですが、マッサージや日常生活で注意すれば解消される場合もあります。エラの張りは咬筋のこりが影響しています。なので、このこりを和らげる事によって効果が表れます。マッサージの方法は、まず頬骨と顎骨の交わる顎関節に指を当て、耳の方に向かってマッサージします。次に顎関節に指を当てたまま、口を大きく開きます。日常生活では、食いしばりに注意します。睡眠時に食いしばりをして緊張状態にあるとエラの筋肉が鍛えられてしまいます。枕の高さや横向きでの睡眠に注意が必要です。ここで有効なのがタオル枕です。二つ折りにしたタオルを丸めて、胸、首、肩に力が入らない高さを見つけ、食いしばりを予防します。

顔を大きく見せるエラの解消

今では小顔は美人の一つと言われているくらい、小顔が流行っています。どのように小顔になるか、ストレッチやマッサージ、効果のある器具など、様々な物が世の中に登場しています。また、エステサロンでも小顔を売りにしたエステを行っているところがほとんどです。しかし、そもそも小顔は元々その人が持っている骨格によって決まります。つまり、顔の骨格が小さいと自動的に何をしなくても小顔になることが出来ます。しかし、骨格が小さくても顔に筋肉がついていたり、いらない脂肪がついていると、その分大きくなってしまうため、注意が必要です。骨格では、顔の頬の部分のエラと言われるところが張り出していると、大きくなってしまいます。これを解消するにはエラ骨を削り取るしかありません。今では美容整形で当たり前のように行われており、傷をつけずに削り取ることが可能です。

エラ張りを解消するには

エラが張ってきてしまう理由については色々あり、普段よりちょっとしたことによって歯をかみしめてしまう癖があるなど、日常におけるちょっとした所作より、これらに筋肉がついてしまいこれらがはってしまったり、老輩物などによってエラ付近において滞ってしまい、リンパによるながれが悪くなって、ちょうど顎関節があって不要物がたまりやすいこれらの付近が、大きく見えてしまうということもあり、なお、それらが原因によって発生するこれらに関する問題についてはマッサージによって改善していくことができ、やり方としては、両方にある耳たぶを掴みながら、後ろに引っ張って円を描いていくように回していき、顎関節を両手の平によって軽く押していきながら、口をあけたり閉じたりしていき、これらの張っている部分に親指を置いて、後ろまわりによって何回か回しながらほぐしてあげます。この手順によってマッサージをしていけば確実にエラ張りによる解消に向けてアプローチしていくことができ、しかしながら今日明日によってすぐに、というわけではないので、じっくりと長い目でみた上で毎日マッサージしていくようにしましょう。