エラを解消する幾つかの方法

ここ最近の人気の芸能人やモデルはほとんどが小顔です。小顔だと、全体のスタイルも良く見えます。そんな芸能人達に憧れている人も多いのではないでしょうか。逆に言えば、自分の顔の大きさにコンプレックスを抱いている人もかなりいます。顔のパーツで、全体的に大きく見せているものの一つとしてエラがあります。目立つだけで、かなりかおの面積が大きく見えます。これを解消する為に、色々な努力をしています。一番楽な方法は、髪型で隠してしまうことです。根本的な解決にはなっていませんが、隠すだけなので簡単です。また、毎日のマッサージも効果があります。凝ってしまった筋肉をほぐすと良いです。また、確かな結果を出したければ、美容整形でエラ自体を削ってしまう方法もあります。骨を削るまでし無くても、ボトックス注射で目立たなくする方法もあります。

気になるのエラの解消法

顔の輪郭って他人に与える印象に大きく影響しますよね。いわゆるベース顔などエラが張っている輪郭だと顔が広めに見えたり、痩せていてもぽっちゃり体系を連想されたり。また、真面目な印象を受けますが、実年齢よりも年上に見られがちです。もし、エラが気になっているのに、生まれついての骨格だから、骨でも削らない限り変わるはずがないと思って、諦めるのは早計です。エラを下から触ると骨の外側に筋肉の層があることが分かります。厚さには個人差がありますが、この筋肉分の厚みが少しでも減れば輪郭のイメージも変わります。一番手軽な方法は自宅でも出来る頭首肩周りのリンパマッサージです。自覚がなくても浮腫んでいたり、こってたりしていたり、それが原因で筋肉に厚みが増している場合があります。マッサージのやり方が分からなくても、耳の周りや鎖骨の周りをさするだけで多少解消されます。あまり難しく考えず簡単なところから始めていくと長続きもしやすいですよね。

エラの張りが解消されると人生は変わるかも

人は見た目じゃない中身で勝負だと言う人がいますが、やはり見た目は少なからずその人の印象に大きく影響しています。化粧をしたり流行の服を着たりダイエットをしたり、挙句にはプチに止まらない整形をしたりするのは、見た目を気にしているからだと考えます。モデルの真似をして過激なダイエットをしてみたり、流行を追いかけるあまり年齢に合わない服を着てみたり、最近ではエラが無くなり小顔になってしまったと噂される人もチラホラいる始末です。出来る事ならみんな自分のコンプレックスを綺麗さっぱり解消して、理想の見た目を手に入れたいと願っているはずです。私もその中の一人であることは否定しません。毎日ストレッチをし、脂肪をもみ出しマッサージをし、重力に逆らえなくなってきている肌のたるみを何とかしなくてはとジタバタしています。指が後1cm長くエラが5mm小さければ、人生がほんの少し違っていたかも知れないと、現実逃避をしながら今日も間サージに精を出しています。

Comments are closed.